仮想通貨バンク(情報商材)の体験談

こんにちは。

クミチョーです。

皆さんは情報商材に手を出したことはありますか?

私はいくつかあります。

そして稼げないまま終わっています(笑)

その中で私が手を出した情報商材の1つで最悪な案件がありました。

今回はそれについて書こうと思います。

仮想通貨バンクとは

それは泉忠司の「仮想通貨バンク」という案件です。

登場したのは暗号資産のバブル真っ只中だった2017年12月。

2年間泉忠司の知り合いのプロが運用する「仮想通貨バンク」に預ければ2年後の満期日には増えている、増えていなくても返金するという内容でした。

やることは特になく銀行と同じでただBTCを預けるだけです。

結論から言うと預けたお金は満期日になれば返金すると言って返金すらされずに消えました。

返ってきたのはテスト送金の5円だけでした。

暗号資産バブルで「億り人」という言葉も誕生していたこの頃はハイプが全盛期でした。

※「HYIP (ハイプ) 」とは「High Yield Investment Program」の略で、日本語では「高利回り案件」や「高収益プログラム」と訳され、資産を増やすための投資先と理解されています。 HYIPでは「日利1%」や「月利40%」というものもあります。これまでもHYIPは存在しましたが、暗号資産(仮想通貨)の普及とともに一気に広まっています。

一般社団法人 金融リテラシー協会から引用

「仮想通貨市場に未曾有の大革命が起こる」との謳い文句の元に大々的に宣伝されました。

当時私もこの暗号資産バブルの勢いもあり、1口=0.1BTC参加しました。

当時の価格で言うと約16万円くらいですかね。

泉忠司の師匠と言われる人達が運用して毎月月利30%以上を叩き出すと言っていました。

今になってよく考えれば有り得ない数字ですね。

情弱もいい所でした。

運用開始は2018年1月10日

この時は「さあどれだけ増えるかな」なんて考えてましたよ。

しかしここからが地獄でした。

2年間かけて少しずつ少しずつ少しずつ少しずつ真綿でジワジワと首を絞めるように資産が減っていきました。

たまーに少しだけプラスして「おっ!」と思わせておいてからの、ほんの少しだけ強めの減少。

これを2年かけて繰り返し行われてきました。

そして、満期日1ヶ月前くらいからの、トドメをさすような急減少。

真綿がロープに変わっていくように強くなりましたね。

これは満期日にゼロにするんじゃないかとか、そもそも出金出来るのか?とかそんな事しか考えられない状況でした。

なぜならこの運営は満期日1ヶ月前まで何の連絡も一切してこなかったからです。

ちなみに大々的に宣伝した泉忠司も紹介したっきり2年間1度も触れなかった案件です。

何かあればと言っていた仮想通貨バンクのLINE@もいつの間にか泉忠司の秘書だという藤原ゲンタの情報商材紹介に変わってました。

今はそのLINE@自体無くなりましたが…

さらに肝心の資産も最終的にプラスになる事なく、原資の約8分の1に!!

この案件何が凄いって2年間でプラスになった日がほとんどなかったという事。

運営からの言い訳メールは下記の通りです。

これだけ減らして1年の更新を推奨するとはなかなかやるなと当時思いました。

私も含めてほとんど更新しなかった人が多かったはずです。

私は1口でしたから、こうやってネタにもしていますが、数百万とか1000万とか泉忠司が「借金してでも参加するべき案件」なんて言ったから実際に借金までした人もいたとか…

そんな人はそれこそ悲惨だと思います。

あえて1年自動更新を選択した方もおられましたが、どうなったかは分かりません。

満期日以降の運営の対応

満期日を迎えてから運営自ら何度も必ず返金すると言ってきました。

そのためにテスト送金もするからBTCアドレスも教えてくれと言われました。

実際そこにテスト送金代5円分が送られてきたこともあり必ず返金されると思っていました。

運用実績は結局8分の1になりたった数万円ですが、それでも少しでも返ってくるならありがたいですからね。

実際Twitterでは数人ですが返金された人もいました。

しかしここから運営は取引所のKYCに時間がかかると謎の言い訳ばかりで返金をする気配が全くなくなりました。

たった数万円、しかも1年もかかるKYCやエビデンスの取引所てどこなんだよという感じです。

このメール以降連絡しても返信も来なくなりました。

バブル全盛期の時に出た事もあり、勢いで参加しましたが痛い勉強代になりました。

1口=0.1BTC(約16万円)にしといて良かったです。

そんな訳で「仮想通貨市場に未曾有の大革命が起こる」と言われた仮想通貨バンクは「未曾有の大損失」を出して幕を閉じました。

最後に

私が手を出したこの仮想通貨バンクを含め以下のnoteに書いた3つの情報商材の体験談が2016年~2017年頃。

高額情報商材を買った体験談①|クミチョー
初めまして。 今回このnoteをご覧いただきありがとうございます。 私は現在暗号資産を中心に投資をしておりますが、投資をするそれ以前に高額塾いわゆる情報商材と言われるものにいくつかお金を出していた事があります。 ※情報商材とは主にインターネットなどを介して売買される情報のことで、情報自体が商品です。 先に言っておきます...
高額情報商材を買った体験談②|クミチョー
こんにちは。 前回、高額情報商材を買った体験談①を書きましたが、今回は第2弾を書いていこうと思います。 第1弾と第3弾はこちらから。 ではさっそく2つ目の体験談にいきます。
高額情報商材を買った体験談③|クミチョー
こんにちは。 過去に2回情報商材を買った体験談を話しましたが、今回は3つ目です。 2016年に情報商材を3つ買った三部作の最後です。 過去2つはこちらから。 1つ目の情報商材↓ 2つ目の情報商材↓ 今回が最後にして今までで1番利益も大きかったけど、その分損失も1番大きかったので是非最後まで読んでくれると嬉しいです。 こ...

この頃よりも情報商材に関する相談件数が年々減るどころか増えている事に驚きです。

勝手な推測ですが、生活が苦しい人が多く少しでも早く稼ぎたい心理を利用してるところもあるかもしれませんし、また射幸心を煽るものも多いです。

ほぼ100%稼げないし詐欺的なものばかりなので、皆さんくれぐれもご注意ください。

最後まで読んでくれてありがとうございます。

タイトルとURLをコピーしました